移動祝祭日

パリにて。
モンマルトルの丘より、エッフェル塔~★★★
a0175854_12172187.jpg

♪ くもよーーりーーたーーかーーいーーーエッフェル~塔~?
エッフェル塔の存在、際立ってます。
さて、このモンマルトルにそびえるのは、、、
a0175854_12233622.jpg

サクレ・クール寺院。
むかしむかし、写真で見て「タージマハル」と間違えたことがあるこの寺院、長く続いた革命の動乱や、他国との戦争によって亡くなった方々への哀悼と、フランス共和国の新しい未来を祈念してつくられました。20世紀はじめに完成だから、けっこう新しい。
・・・・ってことは、戦いに明け暮れていた時代はそんなに過去の話ではないってこと。
それに、今でもまだ戦ってるし。人間てやつは、血で血を洗わないと気がすまないのかね。

余談ですが、この丘にのぼりきる手前で待ち受ける売り物屋さんたち、かなりしつこかったです。「マドモアゼル~マドモアゼル~るっくあっとみ~」って。。。。そんなパチもん誰が買うか~~!!!放っといてくれ!

a0175854_12504914.jpg

ケーブルカーの横の階段は、モンマルトルの名物的な風景。会社の階段は苦痛極まりないのに、この階段は上っても上っても気持ち良い。

a0175854_12564661.jpg

こちらはぶどう園。こじんまりと、美味しいワインが作られているそうです。
どっかのお店で飲もうかと思ったけど、結局飲めませんでした。。悲し。。

a0175854_13184232.jpg

おーかわいこちゃん達!連れて帰ってもいいですかね。

a0175854_13234095.jpg

アトリエ洗濯船跡。ここで、ピカソやルノワール、モディリアーニたちがアトリエを構えていました。ピカソがここで「アヴィニョンの女たち」を描いたそうです。火災で窓以外すべて修復されていたと知ったのは、帰国後。けっこう、張り切って行ったんだが、、。

a0175854_13311967.jpg

ルノワールの名作↓↓にも登場する、ムーラン・ド・ラ・ギャレット。いまは静か~なこの場所も、絵に描かれたころは騒がしかったんでしょうね。19世紀のおわり、飲んで歌って踊って、今このときが楽しくて幸せそのもの~ってのが伝わってきます。
a0175854_13435426.jpg


a0175854_13375413.jpg

風情がありますねー。いい旅夢気分だわ。この道、ピカソもゴッホもユトリロも通ったのかな?
♪ おーシャンゼリゼ~~な大通りも良いけれど、人間の生活の「いきづかい」が折り重なったような風景のほうが、好きです。

「パリは移動祝祭日」って言ったのは、作家・ヘミングウェイ。
ほんの少しの滞在でも、パリは残りの人生ずっとついてまわるらしい。
うーーん、たしかに!
ついてまわられてます!
by carlee_trastevere | 2011-04-23 14:05 | フランス
<< 光のスペクタクル 我が魂よりも・・・ >>