「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Il David con・・・・?

a0175854_12401238.jpg

フィレンツェのアカデミア美術館の館長にドイツ人が就任することが決まり、納得できないイタリア人によってダヴィデ像がこんなことになってるコラ画像が、、。

今回、イタリアの国立博物館・美術館の館長20人が一新され、そのうちなんと7人が外国人だそうです。そして、このアカデミア美術館とウフィッツィ美術館の新館長2人ともがドイツ人。

私がフォローしてるアート系のサイトでも、この決定に対して批判的なコメントが圧倒的で、イタリアの恥だとか、国家の陰謀だとか、。
(語学力に問題有りなのできちんとよく読めたわけじゃないですけどね^^)

ルネサンス発祥の地であり、名もなき造形職人から「芸術家」を誕生させた国として、芸術文化に関わる人間は、そのDNAを受け継ぐイタリア人でなければいけないのでしょう。

そして、特にフィレンツェはその拠点だから、イタリア人にこだわる気持ちはわかります。

私だって正直言って、相撲の横綱は日本人がいいですよ。)


でも、そんなに大騒ぎするほどの話でもなく、

変わる必要があるから、変えた。

というだけでは?

イタリアの博物館・美術館はコレクションの壮大さに「運営」の意識が追いついていないと思っていたので、今回の人事をきっかけにして少しでも改善されることを期待しています。

(ウフィッツィのナターリ館長は館の改装計画に精力的に動いていましたが)

とにかく館のウェブサイトくらい見やすくつくってほしい!
最後に更新したのいつよ???っていうの、けっこうあるから(笑)


自分の国を誇るのは当然。自国の伝統を守るのも当然。
でも、その伝統をより良く発展させるためには、
他者を受け容れる寛容さも当然必要ですよね。

世界で訪れるべき美術館ランキングでイタリアの美術館が他国に遅れをとっているのなら尚更、変える決断が必要だったと思う。

あと何年か経って、あの時大騒ぎしたけど、イタリアにとってはやっぱり良かったよね、という結末になるといいですよね。


ところで、サンダルに靴下を履かせるとドイツ人って、世界共通認識なのでしょうか?




by carlee_trastevere | 2015-08-28 18:30 | なんとなく

もっと常設展を楽しもう

a0175854_20085387.jpg

上野の国立西洋美術館の常設展示を見てきました。
値段がお手頃なので、給料日前によく行っています。
なによりコレクションが素晴らしい!
後期ゴシックの祭壇画から印象派、近現代アートまで、本当に充実しています。ルーベンスもありますからね。
a0175854_20085406.jpg

a0175854_20085489.jpg

それなのに、この空き具合、、ゆっくり観られて良いんですけどね。

混んでる展覧会だとスルーしてしまいそうな小さな作品にも目がいき届くので、思いがけず新しい感動を得られたりします。
ひとつひとつ丁寧に、作品に向かいあえるのが嬉しい。
a0175854_20085464.jpg

最近新しくコレクションに仲間入りしたアンドレア・デル・サルトの聖母子。
16世紀初めの作品です。もはや妖怪じみた聖母子像は彼のトレードマークになっています。
アンドレアの工房はポントルモとロッソフィオレンティーノを輩出していて、彼らはマニエリスム1期生と言われる画家たち。
アンドレア自身は残念ながら40代半ばでこの世を去ってしまったけれど、彼の工房にはフィレンツェが200年以上をかけて獲得したルネサンスの伝統を潔く"捨て去る"機運があったのでしょう。

最近はルネサンスの始まりよりも、その終焉のほうに興味があって、、

あ〜フィレンツェ行きたいなあ。

a0175854_20085492.jpg

モネの部屋にて。
モネ展なんかやろうものなら入場規制かかるほど混むのに、ここもほぼ無人状態。

どいつもこいつも、モネモネ言いやがる、、と昔は思ってたけど、こうやってゆっくり眺めるとやっぱり良いなあ。

a0175854_20085555.jpg

入口から出ます(笑)

今回は絵画ばかり観てたけど、今度はロダンの彫刻もしっかり観てみたいです。

西洋美術館の常設展示、本当におすすめですのでゆっくり観に来てくださいませ。



by carlee_trastevere | 2015-08-24 14:25 | 日本・東京