<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

箱のなかのトリトーネ

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの傑作・トリトーネの噴水を見に行こう!

と思って地下鉄バルベリーニ駅の階段を駆け上がったら----


a0175854_20102312.jpg



修復中でありました。
完成は今年の10月・・・長いですね


がっかりだよ!!(懐)


ふう、遠路はるばる来たのにお目あてのものが見れないってのは悲しいですね。博物館や美術館でもこういう憂き目に遭うことはよくあります。他館への貸出情報なんかは事前にネットに載っていてチェックできるかもしれないけど、ほぼ毎日どっかしらの部屋をメンテナンスと称して予告無しで閉めますからね。気合入れてルーヴル美術館に行ってみたら、その日に限って北方絵画の部屋が全てCLOSEDでフェルメールやデューラーを見れなかった・・・という苦い思い出があります。その時はちびまるこちゃんのように顔に縦線が入りましたよ。ところで、ルーヴルはミロのヴィーナスやグランドギャラリー、モナリザの部屋を突然閉めたりすることはあるんでしょうか。

実はこのトリトーネ、以前にも見たことがあるので、、その時の写真をば。
a0175854_20292792.jpg
a0175854_2029399.jpg

トリトーネ (Tritone)というのはギリシア神話上の海の神・ポセイドンの息子のことです。イルカの上に乗って力強くホラ貝を吹いていますね。彼はこのホラ貝を吹くことによって、全世界の海の波の強さをコントロールしているんだそうです。「今日は波が荒いな~~」と思ったら、どこかでトリトーネがホラ貝を強く吹いているのでしょう。写真ではあんまりわかりませんが、ホラ貝から溢れ出す水の流れが本当に綺麗です。力強さのなかに優雅さが同時に存在しているのが、ベルニーニ作品の特徴ですね。このバルベリーニ広場はトリトーネの後ろから前に向かって緩やかな傾斜を持つ構造になっているので、正面に立ってこの噴水を眺めていると、まるでトリトーネに上から水を吹きかけられてみたいな感覚になります。そこらへんは天才ベルニーニも計算したのでしょう。そういえば、東京湾に面して立っている「晴海トリトンスクエア」もこの神にちなんで命名されたんでしょうか。

さて、このトリトーネを皮切りに、ほかにもいくつかの修復事業が予定されています。テヴェレ川を渡ったトラステヴェレ地区にあるトリルッサ広場のパオラの泉が2月から、
スペイン広場のバルカッチャの泉(ベルニーニ父子の共同制作?)が8月終わりから↓↓、
a0175854_16241030.jpg

ポポロ広場のライオンの噴水が来年1月から↓↓、修復が始まります。
a0175854_16273991.jpg

修復されたあとはどのような姿を見せてくれるのでしょうか~とっても楽しみです。
これらに加えて、来年の初代皇帝アウグストゥスの没後2000年を機に「アウグストゥス霊廟」も修復したい意向のようです↓↓。
a0175854_16573960.jpg

なんと1936年以降ずっと閉鎖されたままだとか・・・すっかり地中深く埋まってしまってますな。かわそうなアウグストゥス。現在ローマ市はは修復・再開のためのスポンサーを探しているところだそう。この財政難の折、こうした大事業にお金をつぎ込むのは賛否両論ありますが、「煉瓦の街を大理石の街に変えた」という言葉を残した古代ローマ帝国初代皇帝にふさわしい霊廟の姿になったらいいだろうな~。
by carlee_trastevere | 2013-02-27 20:05 | イタリア

ローマの夜は美しい

ローマの夜の写真がまだ少しありましたので、御覧下さいませ。

まずは夕方、日が落ちる直前から。

a0175854_221509.jpg

コロンナ広場
a0175854_2243422.jpg

コルソ通り
a0175854_22519100.jpg

コルソ通り
「天気の悪い日の黄昏時に外を歩く男女の顔を御覧なさい。優美さに満ち溢れている。」とはレオナルドダヴィンチの言葉ですが、この日の天気は良かったし、イルミネーションの下では何ともわかりません。どうでしょう??そもそも、人の顔が映ってませんね。。
a0175854_227459.jpg

ご苦労様です。
a0175854_22121239.jpg

ご苦労様です。いまわざと手を動かしましたね!?
a0175854_22141099.jpg

以前、東京の丸の内でやってた「ミレナリオ」ほどの混雑ではないけれど、、かなりの人手で汗かきました。それにしても、イタリアのイルミネーションって、意外にシンプルです。街自体が歴史と芸術にあふれてるから、余計な装飾は要らないのでしょう。(電気代かかるし)でも、近隣の通りごとにイルミネーションのデザインがちょっとずつ違ったりして、さり気なくおしゃれです!それと反対に、最近の東京のイルミネーションは色使いが大胆すぎます。。。黄色とパープルとピンクの組み合わせとか、どっかで見ました。
a0175854_22183829.jpg

スペイン広場
この後イベントがあるみたいで「ミレナリオ」以上に大変なことになっていました。前回の滞在の時は美術館の予約時間に遅れそうで階段を激しく駆け上がっただけで終わってしまったので、、今回はきちんと楽しみたかったのに~。
a0175854_22273699.jpg

a0175854_22284693.jpg

誰??????
a0175854_2231186.jpg
a0175854_22314649.jpg

ローマの北の玄関口・ポポロ広場
パレードが始まりましたよ。
a0175854_22344856.jpg

a0175854_2239016.jpg

ハリーズ・バーのローマ店。
本店はヴェネツィアにあります。世界のセレブ御用達の店として知られてますが、実際のところはどうなんでしょうか?
a0175854_22444359.jpg

ヴェネト通り
写りがあんまり良くありませんね、すいません。ローマにしては珍しく、モダンでエレガント、スタイリッシュな並木道です。ある意味、ローマ的とは言えないかもしれませんが、ここを散歩すると遺跡や教会の威光から解放されて、気分がスッキリします。
a0175854_22565486.jpg

バルベリーニ広場・蜂の噴水
ジャン・ロレンツォ・ベルリーニ作。しかし、後年にかなりの修復が加えられているとのこと。なぜ「蜂」なのかと言うと、ここに宮殿を構えていた名家・バルベリーニ家(ローマ教皇も輩出)の紋章が蜂だったから。紋章というと、怖そうな鷲やら格調たかそうな薔薇やら百合やらが思い浮かばれますがね、蜂って、、なんだか可愛い。
a0175854_2344546.jpg

メルラーナ通り
a0175854_2355650.jpg

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
夜になると一段とその存在感が増したように感じられますね。

----終わり。

私が一番好きなコロッセオからテヴェレ川を渡ったトラステヴェレ地区の夜は、バッテリー切れのため撮影できませんでした~~(悔)。
by carlee_trastevere | 2013-02-24 23:26 | イタリア

ローマでゆく年くる年

大晦日の夜は---(注:写真上の日時は日本時間です)
a0175854_027323.jpg

a0175854_0291181.jpg

a0175854_0295713.jpg

a0175854_0305826.jpg

---コルソ通りをうろうろ徘徊してから---
a0175854_0335211.jpg

プロシュートとフンギ(きのこ)のピザを一気に食べ、


----カウントダウンに備えて----


a0175854_0362996.jpg

フォロ・インペリアーリにくり出しましたが----
a0175854_0385384.jpg

a0175854_040345.jpg

22時前で既に人がいっぱい居過ぎてヤル気をなくし----
(奥に見えるのがコロッセオ)


a0175854_046988.jpg

こよなく愛する「カンノーロ・シチリアーノ」を食べてから----


----ホテルに帰って寝てしまいました。

よって、カウントダウンはしておりません。
夢うつつの状態で、サンタ・マリア・マッジョーレの鐘の音を聴いただけです。
ローマで、コロッセオで、年越しをする!!!!
が、夢だったのに、それを叶えに来たのに、なんという本末転倒。

まあ、仕方ないですねーー。

a0175854_05679.jpg


ローマの夜は美しい。


---それで十分ですよ、、(悔)。
by carlee_trastevere | 2013-02-24 01:11 | イタリア

ローマ古寺巡礼その3~サンタニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂~とピッツァ・ロマーナ

サンタ・コンスタンツァから歩いてほんの1、2分にある小さな聖堂 

a0175854_21482836.jpg

サンタニェーゼ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂 Sant'Agnese fuori le mura

やたら長ったらしい名前ですが、城壁の外にある聖女アニェーゼ(アグネスですね)の聖堂ってことです。そもそも、コンスタンツァがアニェーゼを崇拝していて、わざわざ彼女の墓の近くに自分の墓廟を建てて、更には彼女のために巨大な聖堂も建てたんだそうです。しかしその巨大聖堂はあまりに巨大すぎてそのうち崩壊、、今みることのできるのは7世紀に新たに建て替えられたものです。内部は非常にシンプルな3廊式でとても小さな聖堂ですが、静けさ、平穏、真摯、祈り、温もりに満ち溢れています。イリュージョンと高揚と野心に満ちたバロックの教会ではなかなか感じることのできない感覚・・・。
a0175854_22251917.jpg

この聖堂の最大の見所は、アプシス(後陣)にある7世紀のモザイク!金地を背景にかすかな微笑みを浮かべて静かに佇む聖女の姿が美しい・・・サンタ・コンスタンツァで見たリアルで動きのあるモザイク表現はどこへ行ってしまったのだろうか、、、すっかり中世の平面的で荘厳な表現に変わっています。聖女と同じ空間に立って聖女の優しさに包まれている感覚がする一方、現世人を寄せ付けない厳粛さも漂わせています。古代ローマの栄華はすっかり過去のものになっていまった7世紀、現世を謳歌するよりも心安らかな来世を求めてこのモザイクを前に祈り膝まずいた人々の姿が目に浮かびます。ちなみに、聖女の足元にある赤いものは炎、白いのが刀です。聖女は4世紀の初めごろに異教徒との結婚を拒んで殉教したわけですが、その方法は火炙りもしくは斬首という2説に分かれているそうです。そこで「ええい、2説とも尊重する!」という形で炎と刀の両方を足元に置いて表現することに落ち着いたとか。お、大人の対応って言うんですかねえ。。
実はこの聖堂の下にはカタコンベもあって、ガイドさんがイタリア語と英語で案内してくれます。暗く狭い壁にそって穴が掘ってあり、そこに死者が埋葬されていたそうです。死者の殆んどはローマにやってきた名も無き巡礼者たち。神の恩寵だけを頼りに、蛮族と伝染病であふれたローマに身体ひとつでやってきて命を落としたのでしょう。当時の巡礼は命がけ、、私達が「パワースポット」といって気軽に色々なところへ「女子旅」できる現代の日本とはまったく違いますねえ。当たり前ですが。

a0175854_23173952.jpg

ところ変わって、夕食はピッツァ・ロマーナ!トマトソースを使わずチーズとモルタデッラだけのシンプルピザです。実はこの日、友達に紹介してもらったローマ在住イタリア人女性と会うことができて、彼女と旦那さんに「美味しいピザ食べたい~」とリクエストして連れてきてもらったのです。彼女はローマ生まれのローマ育ちで生粋のローマっ子ですが、「ローマのことはアナタ(=私)のほうがよく知ってるわ。」だそうです。確かに、、地元のことはあんまりよく知らないし興味わかないですね。それでもやっぱり地元の人は美味しいところを知ってますね。すべてのバランスが絶妙すぎてガツガツ食べすぎました。トマトソースの無いピザなんて~と以前は思ってましたが、その分生地の甘味や他の具の旨みが引き立つように思えます。ピザのほかに、カルチョーフィのフリットも食べました!日本の春野菜に似た甘味とエグ味・・・美味しすぎてこれも一人で爆食いしました。彼女と旦那さまはこの後も本当に良くしてくれて、ご自宅に夕飯に呼んでもらったこともありました。「今度来る時はここ使ってね!」と素敵な部屋も見せてくれました!飼ってたニャンコもワンコも可愛いくて、ニャンコがワンコのおなかの下を無意味に何往復もしてたのか可笑しかった~!決して贅沢はしないけれど、毎日を愛情たっぷりに生きてる感じがして感動したですよ。。そんなこんなで、最後にお別れする時はかなり寂しかったです(泣)。

" Non basta una vita a Roma"、、「ローマを知るには一生では足りない」という言葉のとおり、ローマに来るたびに、見るべきもの、知りたいことが雪だるま式に増えていったたわけですが、今回は更に「会いたい人たち」の存在も増えました。齢3×才を過ぎて新しく出会った友人に「はやくまた会いたいよ~」と思えるのは幸せなことですね。正直、普段働いてたりすると「NO MORE」と思われる人に当たってしまったりしますからね。
この次ローマに行く時は、何が増えているのでしょうか?一日も早い再訪を望みつつ、そんなに休みがとれるわけじゃないし、第一先立つものがありません。。せめて日本にいる時は腐らず諦めず、自分のなかに積み重なった存在を大事にしながら、一日一日をしっかり過ごそうと思うのでした。

連れていってもらったピッツェリアはこちら。フォロ・インペリアーリからカヴール通りに進んですぐ一つ目(だったと思う)の角を左に曲がった突き当たりです。いつも混雑しているので、予約するか開店してすぐ行くのがベターだとおもいます。
Alle Carrette
by carlee_trastevere | 2013-02-18 02:00 | イタリア

ローマ古寺巡礼その2~サンタ・コンスタンツァ聖堂~

a0175854_20112380.jpg

サンタ・コンスタンツァ聖堂 Santa Constanza
テルミニ駅前のバス停「500人広場」からバスに乗って20分ちょっと、ミケランジェロ設計の「ピア門」を通り過ぎてノメンターナ街道に位置する聖堂です。ローマ中心から少し外れていていつも行くチャンスを逃していたけれど、今回は念願叶っての初訪問となりました!
「コンスタンツァ」という名前でピンと来たかもしれませんが、キリスト教をはじめて公認した古代ローマ帝国のコンスタンティヌス帝の娘が建て、自らの墓所とした聖堂です。ということで、完成はとても古く4世紀の半ば。
a0175854_2028280.jpg

a0175854_20293560.jpg

とても小ぶりなこの聖堂は円形のつくりになっていて、壁側にコンスタンツァの石棺が安置されている。でもこれはレプリカ。本物はバチカン博物館にあるそうです。そして天井を覆うのは古代ローマのモザイク。
a0175854_20363199.jpg

a0175854_20391653.jpg

これらモザイクの図柄は、古代ローマの貴族の邸宅に飾られていたモザイクそのもの。聖堂を飾るに相応しい図像がまだ確立されていないので、まずは今あるデザインを踏襲したようです。でも、モザイクとは思えない軽やかさ、良いですねえ。こんなかっこいいモザイクが自宅にあったら、家から出たくなくてひきこもりになりそうです。ちなみに、上のモザイクにある女性はコンスタンツァの顔だとされています。にこにこ遊びながら葡萄の実を踏んでワイン作りにいそしんでいるプットー達も可愛い。いかにも古代ローマの豊かな情景にも思えますが、もしかしたら、既に「ワイン=キリストの血」という意味も重ね合わせられていたのかも。キリスト教の美術は、古代ローマの多神教主題をうまく取り入れながら、そこに彼ら独自の意味を上書きして成熟させていたったのですね。美術の主題に限らずとも、太陽神の誕生日にあやかってキリストの生誕を12月25日と定めたり、、他にもいっぱい古代の異教が起源になっている文化や風習があるようです。
a0175854_2152569.jpg

このモザイクにははっきりと、キリストとペテロ、パウロが表わされています。キリストを真ん中に、向かって左がパウロ、右がペテロでしょう。キリストは後継者ペテロに、法の巻物を手渡しています。彼らの衣の襞やその下の肉感もきちんと表現されています。そして羊たちのなんとも冴えない表情がいいですね。というか、、このモザイク職人さん、果実とか草花をつくるのはすごく上手いのだけど、キリストの顔はお世辞にも良いとは言いがたいですねえ。不可視の神の像をつくるわけだから、まあ気がひけたのはわかるけど、それにしても羊以上に冴えないニヤけた細面の男のようです。あ、おひげもちょっと青々として見えるのは気のせいでしょうか?うーーむ。
a0175854_2123515.jpg

さて、この聖堂を出てからもう一つ、同じ敷地内にある古寺を目指しまーす。
by carlee_trastevere | 2013-02-11 21:34 | イタリア

ローマ古寺巡礼その1~サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂~

ニューヨークで軽快にベーグルを食べて以来のブログですが、年末年始にイタリアへ行ってきました。今回は3年ぶりのローマ!初めてのオルヴィエート!スポレート!ウルビーノ!!と言った具合に何都市か回って11泊13日!普通の旅行にしては長いですかね、、おかげで2日に1回はホテルでお洗濯でした。

さて、最初の到着地は大好きなローマ。これまでの滞在で行ったことのない中世の教会を見て回るのが主な目的です。4世紀から13世紀くらいに建てられた教会を4日間のうちにできるだけ多く回る!!!!と意気込みましたが、到着したその日の夜に金縛りに遭うという悲劇に見舞われて、いきなり調子狂いましたよ、まったく。金縛りにあったのはこれで2回目。金縛りって、別に心霊現象でも何でもなくて、身体が疲れてて脳に追いついていけてないだけの話なんですよね。そんな時は、焦らずに足の指をゆっくりゆっくり動かすと、身体全体がほぐれるてくるそうです。これは一昨日聞きました。早く知りたかった、、。

、、金縛りの話が長くなりました。聖なる教会を巡る旅にお連れしましょう。

a0175854_0123313.jpg

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂 Santa Maria Maggiore
4世紀の半ば、時のローマ法王が「8月の夏の盛りに雪が降る地に聖母の教会を建てよ」というお告げを聞いたそうです。そして実際に「真夏の雪の奇跡」が、いまやテルミニ駅前の騒々しいこの地に起こったそうで、法王様はお告げどおりにこの聖堂を建てたのでした。
a0175854_0352047.jpg

実は、この教会は以前にも来たことがあるのですが、何度見てもいいじゃないか~というが、この13世紀のモザイク。「聖母の戴冠」の場面です。教会の名前のとおり、聖母が大いなる女王様のように描かれてます。衣の下の肉感がわかるのと、聖母の表情が柔らかく自然なのがあまり中世のモザイクっぽくありませんね。ああ、ルネサンスが近いんだなーということがはっきりとわかります。
a0175854_049208.jpg

このモザイクは、5世紀のオリジナル。神や聖母を描くときの「定型」みたいなのがまだ確立されていないので、よくわかりません~。とりあえず、上から2段目の真ん中のベッドみたいなのに座ってるのは幼児キリスト、その右の椅子に座っているのは聖母です。この時代、キリストは聖母が抱っこしてるもんじゃなかったね。。。
a0175854_124978.jpg

これは「コズマーティー」という中世後期のローマで生まれたモザイクのデザイン。何色かの大理石を使って、色んな幾何学文様を作っていきます。私はこれが好きで、色んな教会でコズマーティーを見つけてニヤついていました。ミニマム&シンプルなデザインでかっこいい。
a0175854_120735.jpg

最後に、彫刻家・ベルニーニ家の墓がこちら。あの有名なバロックの巨匠・ジャンロレンツォ・ベルニーニは、ここに眠っています。同じく彫刻家だったジャンの父親が、この教会内部の装飾をおこなうために小さいジャンを連れてナポリから上京してきたことから、ここにお墓があるそうです。こんなに目立たずひっそりしてていいんですかね?さっき踏まれてましたけど??でも、ローマのどこへ行ってもベルニーニ作品に出会うくらいだから、逆にお墓はひっそりめで良いということでしょうか??ジャンの残した作品はまた後日お楽しみに。

(ミニ情報)さきほども書きましたが、このサンタマリアマッジョーレはテルミニ駅から坂をあがって5分とかからないほど近いです。お昼休みも無い(と思う)ので、駅から電車に乗る前など、空いてる時間にふらっと立ち寄ってみてもいいかと思います。テルミニ付近はローマの街の中でも治安が悪く、落ち着ける場所は少ないのですが、この教会に来て椅子に座ってぼーとモザイクを眺めるだけでも大分ゆったりした気分を取り戻せますよ。ただし、入口には必ずと言っていいほど小銭をせびっている人がいます。要注意です。
by carlee_trastevere | 2013-02-10 00:15 | イタリア