モデナ悠々滞在記 その4 〜語学学校のこと

a0175854_17161298.jpg

今回の旅で新鮮だったのは、なんといっても語学学校へ通ったこと。
20歳の時(かなり昔〜)にダブリンで通って以来です。

ホテルやBBに泊まって、朝から晩まで美術館や教会を巡ってばかりの旅にも少し飽きてきたし、
色々な出会いもありそうで新鮮ですよね。
それに、ひとり旅で使うイタリア語なんて限られてしまいますから、イタリア語力向上のためにも、たまには集中して勉強する環境に身を置いてみたかったのです。
a0175854_17161330.jpg

私が通ったのは『ROMANICA』という旧市街にある学校。
フィレンツェやローマのような大都市よりも少ないとはいえ、日本人の生徒さんの受け入れは多いと聞いていましたが、行ってみたら日本人は見当たらず~。
その代わり、私が在籍した週は特別に生徒さんが多かったみたいで、ひとクラス9人という比較的大クラスでした。
日本人1名(私)、ニュージーランド人1名、アメリカ人1名、ボリビア人1名、 オーストリア人 1名、スペイン人 1名、ドイツ人1名、チェコ人1名、シンガポール人 1名 の多国籍構成!

みんな国籍が違うので、グループワークの時などは国々の習慣の違いなどで盛り上がって楽しかったです。
隣の席に座っていたボリビア人の男の子(17歳)は、小学校の時に日本語習ったことがあるらしく、私がつい日本語で「あ~そうそう」とか「そっか~」と口にしてしまうと、「はは、そうそう」とちゃんと返してくれましたし、先生の言葉が聞き取れないときは日本語で教えてくれたりもしました。
「Ha detto "maiale"! cioe, ブタ!」だって。 少年よ、ありがとう。

事前のペーパーテストでクラス分けがされているものの、クラスについていくのはやはり大変でした。
文法の正しさ二の次で、みんなよく喋る喋る。当然ながらスペイン語が母国語の人たちは特に。
アメリカ人の女の子はおじいさんとおばあさんがイタリア人なのでイタリア語は簡単。
対してこの日本人は萎縮するばかりで積極的に発言は出来なかったのですが、先生は「あなたはよく頑張ってるわ!」と励ましてくれて お優しい方でした~。
a0175854_17161436.jpg

たったの5日間でこの学校の良し悪しを断じることはできませんし、飛躍的に語学力が向上したわけではありませんが、良い先生、良い友達に出会えて良い経験になりました。
また機会があったら、他の街でも語学学校に通ってみたいな~と思います。
a0175854_17161689.jpg

学校の近くにあるGELATERIA POMPOSAのジェラート。濃厚で鼻血でそうでした!
by carlee_trastevere | 2015-01-15 16:46 | イタリア
<< 寒い夜だから モデナ悠々滞在記 その3 〜い... >>